hddやデータセンターを活用して大切なデータを守る

技術と普及率

データセンターとその現状について

データセンターとは、サーバーやインターネットに接続するための装置などを設置した施設のことである。インターネットが普及し、システム化が進んだ現代においてはその重要性が高まっている。 以前では、企業がシステムを導入する場合、自社にスペースを確保しサーバーを設置することが一般的であった。しかし、サーバーを設置すると温度管理を行わなければならず、セキュリティ面への配慮も必要になる。 そのようなことから、サーバーを一元的に管理するデータセンターが登場してきた。最近では、サーバー本体を預けること以外に、ディスクスペースを貸し出すことなどが中心に行われている。 さらにクラウド化の進展により、システムそのものをサービスとして提供することも増えている。

サービス提供を行う業者について

データセンターには、大きく分けてサーバーの設置場所を提供するサービスと、ディスクスペースを貸し出しするサービスに分けることができる。 データセンターを運営する業者では、これらのいずれかもしくは両方ともサービス提供している業者がある。データセンターを運営する業者としては、主に通信会社であったり、システム関連の開発を行う会社がデータセンター業務としてサービス提供するケースがある。 これらのサービスを活用することで、利用する企業にとってはサーバーを購入しなくてすんだり、サーバーを自社で管理する必要がなくなる。それにより、手間が省けたりコストの削減になるため利用する企業にとってもメリットが多く、広く利用されるようになっている。